calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

直管型20W LEDの付け替え

0
    みなさん、こんにちは。
    照明のLED化で節約志向、たけぞなです。

    さて、今回は自宅の照明のLED化を行いましたので、その記録です。

    といっても、主要な部屋(良く使う部屋、居間など)の照明は既にLEDのシーリング(天井)照明器具に変更済みで、今回は最後に残った「自室」の照明を変更しました。

    とはいえ、器具ごと変更するとx万円ほど飛んでいってしまうのと、自室の照明がたまたま直管20W型蛍光灯が4本という照明器具であったため、蛍光灯の部分だけをLEDに変更しました。

    今回購入したのは、LED蛍光灯 20W形 直管 led 10W 蛍光管20W形 58cm 580mm 昼光色 グロー式工事不要 20W形 G13 照明 蛍光管 【4本入り】という製品です。

    1本入りだと1,100円したのですが、2本入りで1,780円、4本だと2,950円(!)とかなりお得だったので、一気に4本交換してみました。

    この製品の消費電力は約10Wで、20Wの蛍光灯と比べると約1/2の消費電力で済む点がいいですね。特に僕の場合、普段は節電のため2本分(合計40W)しか点灯させていなかったので、LEDだと4本全灯しても40W(=消費電気量が変わらない)というのが最高です!

    ここで注意点なのですが、こういった直管形のLED機器を"工事不要で"取り付けられるのは「グロースターター型」しかできません。
    「ラピッドスターター型」や「インバーター型」といった比較的新し目の(そして高級な)照明機器の場合は電気屋さんにお願いして工事が必要となりますので、いっそLEDシーリング照明に買い換えた方が安く付くと思います。

    では、製品+取り付けレビューです。


    外箱は非常に簡素なもので、個包装+4本組の外箱という形で、表に商品名を示すラベルだけペタっと貼り付けられています。


    ガラス製品ではないので、こういう梱包の仕方なんですかね。まあ非常に安い製品なので、その辺は特に不満はありませんね。


    外箱をパコッと開けると、各LED直管照明機器毎に個包装されています。


    抜き出すとこういう感じ。プラグの部分には保護用のプラスチックが付けられていました。




    照明ではない側(LEDが発光しない側)には注意事項を示すシールが添付されており、それ以外は特に説明書等は付属していませんでした。(当然、保証書なども(笑))
    注意書きには、上述のような「グロースターター式ならば工事不要、それ以外は工事が必要」と記載されていました。



    さて、今回、蛍光灯からLED機器に変更する照明機器がこちらです。


    カバーを外すとこんな感じ。
    観察すると、20Wの直管蛍光灯それぞれが独立しており、それぞれにグロー球(黒い豆電球みたいなもの)が付いていますね。


    グロー球の部分を拡大すると、こんな感じ。
    写真中央当たりにあるのが、グロー球ですね。


    直管20W蛍光灯を4本、グロー球を4つを外し終わったところです。


    で、蛍光灯と同じように、このソケット部分にLED電灯をセットします。


    4本セットしたところ。


    そして点灯。見事に4本全て点灯しました。幸い不良品には当たらず各LED電灯とも同じ明るさで光ってくれています。
    (もともと古い蛍光灯を使い続けていましたが、、、)心なしか蛍光灯よりも明るくなったように感じます。
    最終的にカバーを取り付けて完了です。

    実際の交換時間は4本全て合わせても10分もかかっていません。こんなにお手軽に照明機器をLED化できるのは非常にリーズナブルですね。

    また、数年前になりますが台所の40W型直管蛍光灯も同様の手口でLED化をした経験があり、そちらもLEDに変更してから随分電気代を節約することができました。

    直管型照明は比較的交換が難しいもの(固定されているケース)が多いので、こういったLED機器を使ってLED化することで安く、且つ節電効果も狙えるので個人的には大変オススメだと感じています。
    しかも、LED化するとかなりスッキリした光で明るくなるんですよね!

    特に、メリットが大きい割に、デメリットが少ないと思うのもおすすめしたい理由の一つです。

    自宅の直管形照明を少しでも節電、LED化したい方は、一度こういう機器をご検討されるのも良いかと思います。


    あけましておめでとうございます

    0
      みなさん、あけましておめでとうございます。
      2018年の年末年始は自宅でゆっくり、たけぞなです。

      これまでは年末年始というと妻の実家に帰省をしていたのですが、今年は帰省もせずに自宅でゆっくりと家の掃除やら自分のやりたかった積み残しの解消などなど、ゆっくりと過ごさせていただいています。

      当ブログも随分更新頻度が落ちてしまい、そろそろ寿命なのかな〜などと思いつつ、2018年はもう少し新しいチャレンジをしてみたいなぁと思う今日このごろ。

      さて、近況(というか昨年のまとめ?)ですが、やはり40歳、管理職ともなると仕事のことやら家庭のことやら子育てのことやら趣味のことやらで日々忙しく、挙句いままでブログ更新に充てていた夜の自由時間も健康のために早寝を始めたためになかなか確保できず、かなりブログ更新の優先度は下がってしまっています。

      昨年は年始からAIの研究(プログラミング)を個人的にやっていたのですが、会社での研究課題として仕事上でも調べるハメになってしまい、日々の仕事+AIの研究と、何かに付けて忙しい一年でした。

      とはいえ、自分でいろいろ調べて、実際にAIを作ったりする、そんなモノづくりの活動は本当に楽しいですね。
      やはり僕はモノづくりや自分で調べて知識を吸収するということが好きなんだな〜と思い返させてくれる日々でした。

      さて、昨年の終わりぐらいに仕事と研究が若干落ち着いてきたので新しい研究課題はないかと、最近盛り上がっているのは「ドローンの自作」です。

      2018年はこの辺を中心にブログを書いていきたいなぁと考えています。

      当初のブログテーマからは随分離れてしまっていますが、「いろいろなことに興味のある人のブログ」という一貫したテーマのもと、2018年も頑張っていきたいと思います(笑
      みなさまももしお暇があれば、引き続きお付き合いいただけると幸いです。

      それではみなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします

      プリンタ買い替え(EPSON PX-45A)

      0
        みなさん、こんにちは。
        プリンタインクは純正にこだわりたい、たけぞなです。

        さて、年末ですね。年末といえば年賀状

        そもそも年賀状も惰性で送っているのですが、止めてしまうとなると若干寂しい気持ちになってしまうので、止めよう止めようと思いながら止められていません

        そんなこんなで今年も「筆王ZERO」を使って年賀状を作成、印刷をしようとプリンタで試し刷りをすると、、、。

        な、なんと!なんと印刷結果がき、、、汚たない!びっくり

        現在使っているプリンタはEPSONのEP-704Aという機種で、当時は結構機能の充実した最高級な部類のプリンタだったのですが、さすがに購入してすでに6年、印刷も年数回なのでヘッドが汚れてしまったんでしょうねぇ・・・。見るに耐えない印刷結果。

        また、試し刷りでインクを使いきったらしく、購入の必要がありましたので急いでビックカメラに行って純正(6色)のインクを確認した結果、なんと6,000円弱

        高い。高すぎる。

        これはもう新しいプリンタを買った方が安いのではないか、、、と思いプリンタコーナーに行くと、やはりそれなりの廉価版プリンタがあるんですね、いろいろと。

        もともと所有していたEP-704はいわゆる複合機型のプリンタで、コピー、スキャナーもできるしDVDなどのラベル印刷もできるという代物。しかし、結局年数回使うかどうかというレベルのため、どれも宝の持ち腐れ。むしろDVDなどのラベルの印刷なんてしたこと無いし。

        そのため今回は本当に必要な機能(=年賀状印刷!+A4コピー!)に限って製品を探すと、以下のものが価格的にもちょうど良い感じでした。


        EPSON A4インクジェットプリンター PX-105
        (プリンタ機能のみ)



        EPSON エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ PX-049A
        (複合機機能+wifi接続あり)


        EPSON エプソン プリンター インクジェット複合機 Colorio PX-045A
        (複合機機能のみ)

        どれもインク数は4色(黒+3色)で、価格的に見比べると、複合機にしたとしてもPX-045Aがダントツに安い。(2017/12/10 ビックカメラ 京都店)

        店員さんからは上位機種の6色のものを勧められましたが、印刷結果のサンプルを確認すると、写真は若干見栄えが悪いものの、年賀状や通常の印字については全く問題が無いレベル
        また、基本的にパソコンを通じて印刷するし、wifi経由で印刷するとは思えないので本当に機能を絞ってPX-045Aの方を購入しました。

        で、購入したのがこちら。



        もともと所有していたEP-704に比べて重量、大きさ共にかなりコンパクトになっています。大きさ自体は縦横高さ合わせて2/3ぐらいになっているのではないでしょうか



        また、年賀状印刷もしてみましたが特に目立った問題もなく十分な印刷品質。
        逆にギトギトしていなくてすっきりとした色味になったように感じます

        店員さんに聞くと、最近はこういった機能を絞ったプリンタの方が売れているらしく、PX-049A、PX-045Aは良く在庫切れになるそうです。今回は運が良かった。

        印刷スピードは白黒A4印刷であれば高速で印刷されますし、カラー印刷(年賀状)は若干以前の機種より遅いかな?と思うレベルでそれほど不満を感じませんでした。

        そして、そして、何より「純正インクがお手頃価格!」なのが嬉しい。

        まあ、そもそもインク数が6色から4色に減っているということもありますが、6000円弱から3500円程度と、かなり求めやすい価格になりました。(これなら毎年ウゲー!と感じなくても良い!)

        そういう訳で、若干プリンタ機能をダウングレードし、必要最小限に絞ることで逆に満足度が上がる結果となり、今回の買い替えは良かったな〜と感じています。

        ただし、いくつか注意点を挙げるとすると、以下の点ですかね。

        1.基本的にはパソコンから操作
        パソコン印刷(当然ですが、、、)、スキャナーやその他のメンテナンス(ヘッドクリーニングやノズルチェックなど)は基本的に「パソコン」が要るため、最近流行りのプリンタだけで完結する操作はできないっぽいです。

        2. 液晶画面やSDカードリーダーは付いていない
        プリンタには「電源」ボタン、「コピー(白黒)」ボタン、「コピー(カラー)」ボタン、「メンテナンス」ボタンの4つしかなく、液晶画面を見ながら操作、というようなことはできません。
        また、SDカードリーダーなどの外部媒体を読み込む機能は付いていないため、スキャナー結果の保存、SDカードからの直接印刷などはできません。

        価格が安い分、良い意味で機能が「洗練」されており、小便利機能は付いていないというのがこの機種の特徴でしょうか。

        とはいえ、年賀状印刷で何かとプリンタが入用な今日このごろ、少しインクが高いな〜と感じた方や、現在のプリンタがオーバースペックだなぁと感じてらっしゃるのであれば、PX-045A(またはPX-049A)は大変オススメな機種だと感じました。


        << | 2/121PAGES | >>