calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

Bluetooth無線オーディオレシーバー

0
    みなさん、こんにちは。
    古い機器は無線化して再利用、たけぞなです。

    さて、最近は音楽を聞くのもオンラインやデジタルミュージックプレーヤーなど、従来の"音楽再生機器ではない"ものを通して再生することが多くなってきました

    とはいえ、オーディオ機器というのは結構高額なものが多く、従来の機器が使えなくなってしまうというのはとても切ない

    実は先日、友人からSONY TA-F222ESJというオーディオアンプを譲ってもらい、最近はそれを通して音楽を聞いています。
    当時は結構良い製品だったそうで、実際に再生してみるとこれまで別の格安アンプ内蔵CDプレーヤーで聞いていた音楽にも厚みが出て、随分と音楽鑑賞環境が充実してきました。やっぱり高級(中級?)オーディオアンプというものは良いですね。

    そこで今回の話に繋がるわけですが、近頃は音楽を聞くにしてもamazon musicやradikoやiPad、androidスマホに保存した音楽が中心の生活をしているので、多数の機器を配線を変更せずにうまく聞けないかな〜と感じていました。
    当然ですが古いオーディオアンプの場合、最近のトレンドのようなUSBやWifi無線、Bluetoothのような入力手段を使えるわけでもなく、オーディオジャックで有線接続するしかない。

    で、目をつけたのがBluetoothレシーバーを経由した接続です。

    オーディオ機器側にBluetoothレシーバーを設置し、そこに各種オーディオプレーヤーから音楽を流す。至極簡単ですが、果たしてそのような製品が存在するのか・・・!?
    しかし、似たようなニーズはやはりあるようで、amazonで検索するといろいろと出てきます。

    今回は日本メーカーという安心感を優先してエレコム Bluetooth ブルートゥース オーディオレシーバー 音楽 動画対応 ステレオミニ接続 NFC iPhone android対応 AAC対応 1年間保証 LBT-AVWAR500という製品を購入しました。

    さっそく簡単にですが、レビューです。


    まずは外箱。
    「スマホの」と記載されていますが、タブレットなどBluetoothで音楽を飛ばせる機器であればなんでも接続はできるようです。(Bluetoothのバージョンと転送方式に対応している必要はありますが、、、)


    外箱裏面です。
    接続のイメージやら、内容物やらが記載されています。


    で、内容物です。
    電源は、USBケーブル(MicroUSB端子)経由で給電されます。
    USBケーブル、ACアダプタも付属しています。

    また、こちらの機器とオーディオ機器と接続するケーブルも2種類の方法(赤と白のRCAケーブル、オーディオジャック)で接続できるように同梱されており、こちらを購入したら追加購入無しで接続できるのは嬉しいですね。


    さて、各種仕様編。
    気にしておきたいのは、オーディオプレーヤー側の「Buletoothのバージョン」、「対応プロファイル」ですかね。
    iPad mini(初代)、Zenfone5(andoroid端末)、iPhone6、iPod touch(第四世代)で接続を試み、いまのところ接続できなかった機器はありません。相当古いiPod touch(第四世代)でも接続できていますので、余程のことがない限り接続できねぇということはないような気がしています


    さて、箱から内容物を出したところです。


    本体のウラ面です。AUDIO OUTにオーディオジャックを接続してオーディオ機器と接続します。MicroUSB端子は給電用ですね。
    特にボタン等もなく、電源を入れればBluetooth接続モードとなってLEDが点滅し、接続すればLEDが点灯しました。

    ペアリングは常に先勝ちなので、機器を切り替えたい場合は
     ・現在ペアリングしている機器との接続を解除(Bluetooth機能をオフ)
     ・LBT-AVWAR500のLEDが点滅したら接続したい機器のBluetoothをオン
    という流れで切り替えができました。


    機器自体は非常に小さく、場所は取りません。
    とりあえずオーディオアンプの上に乗っけておきました。
    前面で光っているのが状態を示すLEDです。


    RCA接続したイメージです。普通にケーブルで接続するだけなのでものの数秒で設置が完了しました。


    で、実際に音楽を聞いてみてどうだ?という音質面の話ですが、(あまり耳が良いわけでもなく、それほどオーディオの音質に鬼こだわっているわけでもないので)普通にオーディオ機器と有線接続した場合と同等程度の音質で聞けているように感じます。違和感、差異を感じることはありませんでした。

    それよりも手元で音楽やラジオ番組を切り替えることができる、スマホ用ゲームの音楽を大音量で聞けるといった良さの点の方が強調されており、既に手放せない製品になりつつあります。

    難点を挙げるとすれば、LBT-AVWAR500の出力はLINE OUTではなくPHONE OUTなのでオーディオプレーヤー側の出力を大きくするか、オーディオアンプ側の出力を大きくしないと再生音楽の音量が小さいことでしょうか。

    私の場合はオーディオプレーヤー側の音量を大きくしているので、下げ忘れた際にイヤホンで聞いた時に爆音になってしまい、耳がヒリヒリしました。まあ、その辺は不注意の話なのでしょうが・・・。

    とまあ、最近のオーディオプレーヤーも使いたい、古いオーディオ機器も使いたい、という方にはうってつけの製品だと思います。光ケーブル等の接続が不要であれば3,000円弱で、光ケーブル接続機能を付けても4,000円弱で購入できる点は非常に嬉しいですね。手軽にオーディオ環境をバージョンアップできてしまいます。

    同様の悩みをお持ちの方にはオススメの一品ですね。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック