calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

直管型20W LEDの付け替え

0
    みなさん、こんにちは。
    照明のLED化で節約志向、たけぞなです。

    さて、今回は自宅の照明のLED化を行いましたので、その記録です。

    といっても、主要な部屋(良く使う部屋、居間など)の照明は既にLEDのシーリング(天井)照明器具に変更済みで、今回は最後に残った「自室」の照明を変更しました。

    とはいえ、器具ごと変更するとx万円ほど飛んでいってしまうのと、自室の照明がたまたま直管20W型蛍光灯が4本という照明器具であったため、蛍光灯の部分だけをLEDに変更しました。

    今回購入したのは、LED蛍光灯 20W形 直管 led 10W 蛍光管20W形 58cm 580mm 昼光色 グロー式工事不要 20W形 G13 照明 蛍光管 【4本入り】という製品です。

    1本入りだと1,100円したのですが、2本入りで1,780円、4本だと2,950円(!)とかなりお得だったので、一気に4本交換してみました。

    この製品の消費電力は約10Wで、20Wの蛍光灯と比べると約1/2の消費電力で済む点がいいですね。特に僕の場合、普段は節電のため2本分(合計40W)しか点灯させていなかったので、LEDだと4本全灯しても40W(=消費電気量が変わらない)というのが最高です!

    ここで注意点なのですが、こういった直管形のLED機器を"工事不要で"取り付けられるのは「グロースターター型」しかできません。
    「ラピッドスターター型」や「インバーター型」といった比較的新し目の(そして高級な)照明機器の場合は電気屋さんにお願いして工事が必要となりますので、いっそLEDシーリング照明に買い換えた方が安く付くと思います。

    では、製品+取り付けレビューです。


    外箱は非常に簡素なもので、個包装+4本組の外箱という形で、表に商品名を示すラベルだけペタっと貼り付けられています。


    ガラス製品ではないので、こういう梱包の仕方なんですかね。まあ非常に安い製品なので、その辺は特に不満はありませんね。


    外箱をパコッと開けると、各LED直管照明機器毎に個包装されています。


    抜き出すとこういう感じ。プラグの部分には保護用のプラスチックが付けられていました。




    照明ではない側(LEDが発光しない側)には注意事項を示すシールが添付されており、それ以外は特に説明書等は付属していませんでした。(当然、保証書なども(笑))
    注意書きには、上述のような「グロースターター式ならば工事不要、それ以外は工事が必要」と記載されていました。



    さて、今回、蛍光灯からLED機器に変更する照明機器がこちらです。


    カバーを外すとこんな感じ。
    観察すると、20Wの直管蛍光灯それぞれが独立しており、それぞれにグロー球(黒い豆電球みたいなもの)が付いていますね。


    グロー球の部分を拡大すると、こんな感じ。
    写真中央当たりにあるのが、グロー球ですね。


    直管20W蛍光灯を4本、グロー球を4つを外し終わったところです。


    で、蛍光灯と同じように、このソケット部分にLED電灯をセットします。


    4本セットしたところ。


    そして点灯。見事に4本全て点灯しました。幸い不良品には当たらず各LED電灯とも同じ明るさで光ってくれています。
    (もともと古い蛍光灯を使い続けていましたが、、、)心なしか蛍光灯よりも明るくなったように感じます。
    最終的にカバーを取り付けて完了です。

    実際の交換時間は4本全て合わせても10分もかかっていません。こんなにお手軽に照明機器をLED化できるのは非常にリーズナブルですね。

    また、数年前になりますが台所の40W型直管蛍光灯も同様の手口でLED化をした経験があり、そちらもLEDに変更してから随分電気代を節約することができました。

    直管型照明は比較的交換が難しいもの(固定されているケース)が多いので、こういったLED機器を使ってLED化することで安く、且つ節電効果も狙えるので個人的には大変オススメだと感じています。
    しかも、LED化するとかなりスッキリした光で明るくなるんですよね!

    特に、メリットが大きい割に、デメリットが少ないと思うのもおすすめしたい理由の一つです。

    自宅の直管形照明を少しでも節電、LED化したい方は、一度こういう機器をご検討されるのも良いかと思います。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック