calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

酸化マグネシウム

0
    みなさん、こんにちは。
    冬場はなぜか便秘に悩む、たけぞなです。

    昨年の冬に、40年生きてきて、そう、昨年の冬に初めて「冬場になると便秘になる」ということに気づきました。
    それまでは冬場になると屁が臭くなる程度の認識しかなかったんですが、さすがにアラフォーになると「あれ?これって大腸癌なんじゃね?」などと心配になってしまい、医者にかかったところ「ただの便秘っすね」とのことで片付けられてしまい、今に至る。

    そして今年も懸案の「冬」が到来してしまい、また再び便秘な日々。
    今回は若干「下」ベースのお話になりますので、その点ご留意のほど、よろしくお願いします。


    そもそも、なんで冬場に便秘になるのだろう?と少しネット等で調べてみました。


    どうやら、
     ・ 秋〜冬にかけては水分を摂る量が減り、大腸に届く水分量が減少する。
     ・ 通常、大腸には飲んだ水分の10%程度しか到達しない。
     ・ よって、水分を摂る量が減る冬場は大腸に行く水分量が夏場より少なくなる。
    ということらしい。
    そして追い打ちをかけるように、
     ・ 僕は冬場になると強烈な頻尿に襲われ、日中は1〜2時間に1回ぐらいの頻度でトイレに行く
    という体質のため、余計に腸に水分が行っていないような気がしています。

    んでもって、以前であれば「下剤」でも飲んでチャチャッと解決していたのですが、「下剤」って結構体に負担があるというか、、、あの「ギュルルルルル・・・グギュウウウ」という腹のうめき声を聞きながらトイレにこもるのって精神衛生上も良くないんですよねぇ。

    で、若干調べてみると「お腹に優しく低刺激、癖になり難い"酸化マグネシウム系"」のお薬があるというではないですか。
    素人知識で申し訳ないですが、この酸化マグネシウムっつうのが水分を含んで腸まで届き、そして便を柔らかくしてくれるなんて、なんという素晴らしいお薬でしょう。

    これは一度試さざるを得ない。さっそくamazonで「【第3類医薬品】3Aマグネシア 90錠」を購入し、試してみました。


    今回購入したのは90錠のものですが、180錠、360錠もあるそうです。体質に合わないと困るので今回は少ない方を購入しています。


    で、こちらの薬ですが大人は1回3錠〜6錠寝る前に飲んで、水分を多めに摂るという飲み方のようです。
    そして3錠〜6錠と幅が大きいのは、「効き具合に合わせて調整してね」という意味が含まれており、大量に飲むとユルユルになっちゃうみたいですね、何かが(笑


    ボトルはこんな感じです。


    錠剤は白く、よくある固形のものです。衝撃をかけるとボロっと欠けたりするので、取り扱いは若干注意が要りそう。

    以下、前日に飲んだ錠数とその日の状況について記載しています。

    【初日】
     ・3錠飲む。特に大きな変化はなく、便秘状態が続く。

    【2日目】
     ・3錠飲む。朝から大量の便通があり、サイコーな気分で一日を過ごす。

    【3日目】
     ・3錠飲む。昨日出すぎたのか便通無し。
     ・ただし、腹の張りは完全に解消しており問題無しとする。

    【4日目】
     ・昨日便通がなかったため、4錠に増やしてみる。
     ・朝から完全な下痢状態。

    【5日目】
     ・昨日の結果にビビってしまい、3錠に戻す。
     ・少量が、数回。常に変な便意。
     ・ただ、引き続き腹の張りは解消し、非常に気分が良い状態で過ごせる。

    【6日目】
     ・本日も3錠。
     ・ゆるい便が朝から数回。便意は続く。一個減らそうか悩む。

    【7日目】
     ・一度減らしてみよう、2錠にする。
     ・朝からガッツリと便通あり。

    【8日目】
     ・昨日の2錠に味を占め、今回も2錠。
     ・結果、また便秘状態になる。腹の張りは無し。

    【9日目】
     ・昨日便通がなかったため、4錠にしてみる。
     ・結果、激しく下痢状態となる。どうやら4錠だと下痢状態になるらしい。
     ・この下痢であるが、朝食後にザバーッと出るだけで、日中は全く便意が無く、生活に支障はない。

    【10日目】
     ・4錠は下痢状態になるため、3個に戻す。
     ・結果、あまり便通もなく、微妙な便意に悩まされる。翌日は休みなので多めにする。

    【11日目】
     ・4錠に戻す。
     ・また下痢る。朝食後にガーッと出て、あとは普通。お腹が痛いわけではない。

    【12日目】
     ・試しに2錠に減らしてみる。
     ・減らしたらまた出ない。今日は若干腹が張っている感じ。

    【13日目】
     ・4錠に戻す。
     ・朝食後一気にくる。下痢状態。その後は全く便意を催さず、
     ・腹のほうもすっきりとして一日を過ごすことができた。どうやら4錠が良いようだ。

    【14日目】
     ・さらに4錠でいってみる。
     ・また朝食後、下痢状態。出しきったらそれ以降一日便意を催さず。

    【15日目】
     ・また4錠。
     ・昨日同様。

    【16日目】
     ・ある程度、腸内が綺麗になったと認識して3錠に戻す。
     ・朝から緩いがそれなりに固形な状態の便がガッツリ出る。
     ・その後、腹の張りもなく一日気持よく過ごす。

    16日ほど記録を取って飲む錠数と翌日の便の状態を見てみると、僕の場合は以下のような感じでした。

     2錠:あまり効果がない
     3錠:ガッツリ出るが、水分を取らないと便秘に戻る可能性あり
     4錠:確実に便通があるものの、下痢状態


    3錠、4錠の場合、必ず寝る前に飲むことを心がけていたためもあってか必ず"朝食後に来る"ということが分かっており、その辺は安心して薬を飲むことができました。
    また、"下痢状態"と記載している日について、便は緩い(水みたい)ですが、出しきったら特にその後は後を引くこともなく安心して出勤することができる状態でした。

    ですのでいわゆる下剤の苦しみ、いつ来るかわからない恐ろしさ、、、というのは感じない薬だと思いました。(個人的な感想ですが、、、)

    そういうこともあり、途中から「出ないよりは出た方がいいじゃん」と、下痢状態でも全く問題ないような気分になりました。こういうのは割り切りが重要ですね(笑

    私のように水分が大腸に行かなくなって便秘になっていそうな方(季節性の方)にはオススメかも。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック