calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

Anker SoundBuds Slim

0
    みなさん、こんにちは。
    最近スマホで音楽を聞く機会が増えた、たけぞなです。

    以前まではiPod TouchやiPod nanoといった携帯ミュージックプレーヤーで音楽を聞く機会が多かったのですが、最近amazon musicアプリを利用し始めてからミュージックプレーヤーの主体がスマホに移ってきました

    それと共に感じるのが、有線ヘッドホン、イヤホンの煩わしさ

    家事をしながら、移動しながら音楽を聞く際、やっぱり有線ケーブルが動作の邪魔になるので非常に煩わしい。
    特にカジダン(笑)の私は皿を洗いながら、風呂掃除をしながら、洗濯をしながら、掃除機をかけながら、、、音楽を聞きたいのです!(笑)

    当然有線ケーブルの良さ(=音の良さ、充電不要)もあるのですが、「音質よりも軽快さを優先したいときがある!」というのもまた事実。

    そこで、動作優先の際に音楽を聞くツールとして購入したのが、Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン(カナル型)【マグネット機能 / 防水規格IPX4 /内蔵マイク搭載】 iPhone、Android各種対応です。

    もともと無線イヤホンにはヒジョ〜に興味を持っており、以前からホシイナ〜と感じていたものの、若干音質に対する恐怖心であったり価格面がネックとなって購入に踏みきれずにおりました。

    しかし、最近は随分安い(壊れても気にならないレベル)製品がamazonを賑わしており、意を決して購入に踏み切った次第です。

    さて、最近の無線イヤホンの良さとしては、
      Bluetoothでバッテリーの持ちが良い
      Bluetoothの技術(バージョン)も上がり、音質が向上している
      小型化が進んでいる
      生活防水タイプのものも出始めている

    といったところでしょうか。
    上記にも増して
      メチャ安い製品が多くなっている
    という点も見逃せませんね。

    さて、今回購入した製品の簡単なレビューです。


    まずは箱の外観。紙製の箱で小さすぎず、大きすぎず。


    箱の裏面。英語っす。


    18ヶ月(1年半)の保証付きというのは嬉しいですね。


    表面にいくつか簡単な特徴が記載されていました。
    「Total Hold」は、耳にしっかりイヤホンを固定するための突起があることを示しています。今回初めて突起付きのイヤホンを試してみましたが、非常にホールド感があり、激しい動きにも全くズレを感じませんでした。(掃除レベルから、徒歩、筋トレレベルまで試しました)
    「Play Longer」について、一度の充電で7時間利用できる、というカタログスペックですね。2週間ほど使ってみた感想として、実際使ってみて(気がついた時に充電していれば)、特に利用時に電池切れ、というケースはありませんでした。
    「Water-Resistant」生活防水を示しています。特に水に濡れた状態(雨?)の中で使う機会もありませんので、こちらについては実際にどの程度防水してくれているのか確認できていません。ただ、機器の外見上、防水っぽい仕様になっているようですね。


    さて、箱から取り出してみました。
    簡単な取扱説明書(各国の言語で、当然日本語も有り)、本体、ゴム部品の換えパーツ、収納ケースです。


    収納ケースの付属は、思ってもみなかったサプライズです。
    色は真っ黒で、若干ヌメリ感のあるスエード調の触り心地。

    この辺、往年のSonyのイヤホン製品っぽいサービスのような気がしました。あくまで主観ですが。


    がま口(?)風の収納ケースって便利なんですよね!
    実は100円ショップやamazonで同様のポーチを探しまくっていたのですが見つからず、こんなところで思わず出会えるとは!
    大切にしようと思います。


    さて、いろいろ部品が付いてきました。
    左から
    ・本体ケーブルに付ける脱落防止クリップ
    ・別サイズの耳ホールド用ゴム部品(LとSの2組)
    ・別サイズのイヤーピース部品(LLとLとSとSSの4組)

    でした。

    もともと本体に付属しているのはそれぞれMサイズの部品でした。


    イヤホンの先端同士は磁石で引っ付く仕様になっており、使わない際はネックレスのようにできるらしいです。


    イヤホンの外側は会社名(Anker)の記載がありました。


    イヤホンの音が出る側ですね。金属製のメッシュ素材で防水処理をしているようです。
    耳垢の掃除が楽なので、金属製の部品になっているのは嬉しかった。


    耳ホールド用ゴムですが、はじめは硬そうだな〜と若干抵抗感を持っていたのですが、実際は中が空洞でフニャフニャ。付け心地も良く、使用感は問題ありませんでした。


    続いてリモコン部。操作感は以下のとおり。

    +:音量アップ、長押しで次曲
    矢印:再生、ストップ、長押しで電源オンオフやBluetoothのペアリング
    −:音量ダウン、長押しで前曲


    いちいちスマホの画面を見なくてもミュージックプレーヤーを操作できる点は良いですね。

    また、通話にも対応しており、リモコンにはLEDに加えてマイクも付いていました。


    リモコン側面に充電用(Micro-USB)の開口部があります。端子部分はゴムの蓋で保護されています。


    取説イメージ。内容物と取り付けが方などなど。


    取説イメージ。リモコンの意味などなど。


    取説イメージ。簡単な使い方などなど。


    取説イメージ。接続方法などなど。

    ペアリングに関して、マルチペアリングには対応していない"よう"でした。(と、言い切っていいのか?)
    複数のミュージックプレーヤー(iPhoneとandroid端末の2台のスマホで確認)で利用できましたが、接続については直前に接続していた機器が勝ちで、接続先を変える場合はまたペアリングをする使い方でした。
    ペアリングといっても、再生ボタンを長押し、、、程度の簡単な手順ですので、それほど苦にはなりませんでしたね。


    取説イメージ。ランプの意味などなど。


    取説イメージ。各種スペックなどなど。


    イヤーピースです。真ん中のMサイズが当初からイヤホンにくっついており、大きければ小さいサイズを、小さければ大きいサイズに変更が可能のようです。


    耳ホールド用部品も同様。

    僕の顔は(自分では)標準的な大きさと考えており、そんな僕が使ってみるとそれぞれMサイズで問題無い感じです。
    女性ならSサイズ、ということもあるかもしれません。外国の大きいサイズの方なんかはLサイズとか使ってるんだろうな〜と予想。

    さて、しばらく使ってみた感想です。

    ・音質は良いと思います。無線だからと言って、特にボヤケる感じではありません。
    ・高音は強すぎず(シャキシャキ言いすぎず)、低音も強すぎず(うるさ過ぎず)、中音域もしっかり聞こえてバランスの良い音質に収まっている感じています。
    ・バッテリーはいまのところ不満無しです。すぐに切れることもなく、通勤、家事、筋トレ等、一日中利用しても問題無し。
    ・充電速度は早い(スペック上は1.5時間)と思います。
    ・換え部品も充実しており、利用者のサイズに合わせられるのはグッド。


    壊れてしまえばすぐに買い換えできる価格というのも良いですね。

    さて、最後に。

    今回無線イヤホンを購入して無線イヤホンに対するイメージが全く変わってしまいました。どちらかというと後発組の私ですが、ここまで無線イヤホンが便利・使いやすく、安価に手に入るとは思っていませんでしたのでこれは非常に嬉しい驚きですね。

    これから購入しようと考えている方に対してのエントリー製品としてはすごく良い製品だと感じました。オススメです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック