<< テトリスDS マラソンモード | main | カナル型イヤホンのイヤーピース >>

日傘男

みなさん、こんにちは。
健康のため、客先事務所への道を歩いて過ごす、たけぞなです。

さて、日々なんとか痩せようと思案し、とりあえず食う量も減らさないといけないけど運動も大事だと思う僕としては、客先事務所への道のり(片道2km弱、25分間)も絶好のトレーニングの場と考えるわけです。

実際、昨年12月頃から歩き始め、そろそろ7ヶ月が経とうとしています。季節は移り変わり、冬から春、そして夏を迎えたわけです。

そこでふと感じたこと。


これ、すげ〜暑いん。


この客先事務所への道というのが、これまた大阪の港湾沿いに在って、後半15分ほどは全く遮蔽物が無いという過酷な道のりなんですね。


写真のような、こんな何にもねぇ、、、トラックだけがギャンギャン通る道をずっと歩くんだぜ・・・。


冬、春は「ポカポカ暖かくてイイジャン」で済んだものが、夏になると「モ〜ダメ、仕事になんない!」という状態になるわけ。

そこで目をつけたのが、最近流行りだした「男の日傘」なるもの。
どうせ港湾部、誰も見てね〜し、恥ずかしくもね〜し、実益優先!!、というわけです!

で、amazon.co.jpで検索してみると、折りたたみ式で、実益重視っぽい日傘が売っているではないですか。リーベン 日傘 uvカット 遮光 折りたたみ ひんやり傘 親骨60cm 直径103cm 晴雨兼用 【LIEBEN-0587】 (シルバー/ブラック)という商品です。早速購入です。

簡単にレビュー。


折りたたんだ状態で届きました。長さはおよそ30cmと、普通の折りたたみ傘と変わりませんね。


色は"外側"がシルバーで、"内側"がブラックです。晴雨兼用なので晴れようが雨が降ろうがこれ一本で安心ですね。60cmあるのでそれなりに直径も大きく、身体が十分に隠れる大きさです。


ナイロン100%ですね。ポリウレタンコーティングのため、なんとなく表面に「ヌメり感」があります。


「傘の下は木陰の涼しさ!」という、この謳い文句に惹かれました(笑


各種前提条件等。


若干の注意事項その1。


若干の注意事項その2。


傘の柄の先に付いているストラップはプラスチック製ですね。紐じゃないです。プラ。


傘の骨組みは、、、スチールじゃないんですよねぇ。なんだろうこれ、グラスファイバー?プラスチック?よくわかんないです。とりあえずスチールじゃないです。


開いた感じはこういう見た目。思わずちょっと昔の宇宙人が着ている変な服を思い出してしまうような見事な銀色です。
これを差して歩いていたところ、別途バス通勤している会社の後輩から「たけぞなサン!一発でわかりましたよ!」と言われる始末。かなり目立ちますね。


突っ張ったところはこういう感じです。
軽さ優先のためか、骨の部分は6本です。大風が吹いたときに怖いな〜と思う反面、かさばらないのでいいかもしれませんね。


縫製等も特に気になる点もなく、良い製品だと思いました。


さて、嫁さんに強請られて同日傘の長傘タイプも購入しちゃいました。
日傘 親骨60cm 直径106cm <ひんやり傘> ジャンプ傘 晴雨兼用 UPF50+ UVカット率99%以上 遮光率99%以上 遮熱効果 長傘 ワンタッチ 【LIEBEN-0102】 (シルバー/ネイビー)です。


見た目は案外長く、普通の傘(要は、女性が日傘に使う"かわいい"タイプでは全く無い)です。


傘のさきっちょもかなり頑丈そう。普段使いの場合はこちらの方が耐久性が高そうですね。僕は折り畳みでないと確実に電車に忘れてしまうのでムリですが。

さて、実際の使い心地はというと、やはり直射日光を受けながら歩くのと木陰(=日傘)があるのでは雲泥の違い。謳い文句の「マイナス7度」かどうかはよくわかりませんが、体感温度としては相当下がったと思います。

男子も使うべき、日傘!

ただ、上述しましたが「相当目立つ製品である」点について、ひと目を気にされる方は表面がおしゃれなものを選んだほうが無難かもしれません。僕はそういうのをキニシナイので普通に使っています。

(というか、銀色側は"自分には見えない"ので、気にならないといえば気にならないのです(笑)

さて、今回は生まれて初めて日傘チャレンジをしてみたわけですが、いままでなぜ「男子は日傘を使ってこなかったのか」疑問ですね。ゴルフなんかでも男子もパラソルを使うわけで、その点からいうと日傘の良さは男も理解していてしかるべきと思うんですけどね。ただ、やはり女性のものというイメージが強いか・・・。

日傘を使うことで、
・汗だくにならなくて良い、仕事もカイチョ〜!
・頭の地肌に直射日光が入らないのでハゲる心配が減る

といったメリットを享受できるのではないか、という確信を得ました

これをご覧になった男性の皆さん、さあ!一緒にレッツ日傘男!です。

at 12:52, たけぞな, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://mount.ioan.biz/trackback/359