<< ラジオ体操狂騒曲 (3)開催/その後編 | main | amazon出品詐欺?っぽい顛末 >>

SONY CDラジオ ZS-E30

みなさん、こんにちは。
そういえばSONYのオーディオ機器はウォークマン以来?、たけぞなです。

今回の投稿はSONY製のCDラジオ、ソニー SONY CDラジオ ZS-E30 : FM/AM/ワイドFM対応 ブラック ZS-E30 Bのレビュー投稿となります。

ラジオ体操係になったため屋外でCDを鳴らす機会にぶち当たってしまい、急遽購入したという経緯があるため、それほど他製品とは比較等はしていません。

とにかく以下の必要な要件を満たすために、最も適切と思われる製品を選んだ、、、というところです。

【要件】
 ・屋外で使える(=電池による電力供給ができる)
 ・CDを再生できる
 ・MP3のCD-Rを再生できる
 ・ラジオ体操で使うため、それなりの音量を確保できる
 (また、音割れしない)
 ・子供でも持ち運びできる重量である(できれば単3電池利用)


電気屋さんでいろいろ比べたのですが、案外1Wの出力を確保できる(かつ、単3電池)機器が少なく、必然的にこちらの製品に絞りこまれてしまいました。

では、簡単にレビューです。


まずは外箱。それほど大きくないので収納は簡単そう。


外箱の謳い文句。
このMP3ファイルを再生できるという点が大きかった。


「音声入力端子」という文字と、ヘッドホンマーク。
これは、「音声入力端子」"と"「ヘッドホン」の端子挿入口がありますよという意味だそうです。
スピーカーは1.1Wが2本


各種再生フォーマット。
町内会で購入する=防災用にラジオも必要という暗黙の了解があり、ビル間でもクリアにFMラジオを受信できるワイドFM対応というのも若干決め手になりました。


内容物確認。
本体と電源ケーブル、取り扱い説明書が同梱されています。


本体上部右側に電源と各種切り替えボタン、お気に入りラジオ局ボタンなどが並んでいます。


本体上部左側は音量調節、再生系のボタンが並びます。
ボタンはラジオ・CDで動きが違うため、ボタンを兼用して「シャッフル」、「リピート」、「プログラム(25曲まで)」には対応しているそうです。

見ていただいてわかるように、「ボタン一発曲番指定再生」は"できません"
5番目を再生する場合は再生後に4回スキップボタンを連打です。

基本的には「ラジオメイン」の製品であって、CDはオマケのようですね・・・(笑


CDを入れ替える際は「CD開く」スイッチを横にスライドさせるとカバーが開きます。


CDは縦て入れます。


裏面には特に端子はなく、電池ボックスのカバー程度でしょうか。


電池は単3を6つ入れます。


片方の側面に電源ケーブルの挿入口があります。


逆サイドに音声入力端子とヘッドホン端子があります。

とまあ、今回は「屋外で使え、扱いやすい」という目で選んだわけですが、CD、ラジオの基本機能はしっかりしております。変な機能やボタンが無い分、シンプルに使いたい場合や宅用ラジオとして使う場合にバッチリかもしれませんね。
薄いのもいいですね。薄いということはいろいろなところに置きやすいということにもなりますので、邪魔にならないのは非常に良い点かと思います。(机の上、寝室や居間にチョコっと置く程度のラジオにはうってつけ)
ラジオはデジタル表示でボタンを押してチューニングするため、希望のバンドに合わせやすいという点が良かったですね。

逆に、「リモコンで手元から操作したい」、「プログラム再生や曲番を選んで一発再生」などの機能が欲しい場合、ちょっとでも使う機会がある場合にはこのCDラジオを選ばない方がいいでしょう。ストレスの元になりそうです。

最後に、肝心の音声出力について。
スピーカーの再生能力もいくつか実機で比べてみましたが、このクラスでは一番きれいに聞こえたように感じました。その辺はさすがソニーかと。
また、ラジオ体操のような広いスペースで鳴らした場合にも(それでも音量はMAXですが)遠くまで音が聞こえ、また音割れもなかったので安心できました。

「基礎機能のしっかりとしたCDも再生できちゃうラジオが欲しい」場合にはベスト・バイではないでしょうか。もちろん、ラジオ体操用の再生機としても重宝しております。


そういえば、冒頭にも書きましたがソニーのオーディオ機器ってテープのウォークマンを買って以来全く縁がなく、久々の購入に少しワクワクしてしまいました。

もともとは家族みんな(父が?)がソニーが好きで、自分で初めて買った製品はSONY製のCDラジカセ(ドデカホーン搭載のSONY CFD-700だったかな?)で、続いてウォークマン(WM-EX66)を購入。たしか高校生の頃だったかなー!?
あの頃はちょっと高いけれど憧れのメーカーでしたね。

その後はSONYとはプレステ以外で全く縁がなくなってしまい、自分の中でいつの間にかゲームハードメーカーになってしまいました。

ウォークマン以降、MDラジカセはSHARP、ポータブルMDプレイヤーはPanasonicでした。
CD/MDミニコンポ以降はDENONファンになってしまい、その後はDENON製品一色。
テレビ関係はSHARP、東芝が使い易くてソニーは縁遠い存在になってしまいました。

ソニータイマーなどと揶揄しながらも愛用していたころを思い出し、若干ホロリ、、、です。

at 08:57, たけぞな, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。