<< いまさらxbox360 コントローラ(有線) 購入 | main | ラジオ体操狂騒曲 (1)事の始まり編 >>

お家 DE ゆるキャンプ

みなさん、こんにちは。
GWのキャンプ場は難民キャンプ並!?、たけぞなです。

さて、今回の投稿は2017年のゴールデンウィークまっただ中、出足が遅れてキャンプ場の予約が取れずに自宅キャンプ(=テント泊)をした記録になります。

そもそものコトの始まりはゴールデンウィーク直前、息子が突然「ゴールデンウィークにキャンプに行きたいなぁ」などと言い出し、あまりキャンプに行く気になっていなかった僕としては当然キャンプ場の予約に奔走するわけですが、、、、全部NG

やはり昨今のアウトドアブームでキャンプをする方が増えて、また、ゴールデンウィークといえばBBQをされる方も多いんでしょうね。口コミサイト等でキャンプ場を調べて予約電話をしましたが全部埋まっている状態でした。

【なっぷ(キャンプ場検索・予約サイト)】
http://www.nap-camp.com/map/

とはいえ、ゴールデンウィークを無為に過ごすのもアレだなぁと考え、今回は思い切って自宅キャンプ(=テント泊)をすることにしました。

自宅キャンプ(=テント泊)といってもそれほど難しいものではなく、私の場合は以下のようなルール。

【自宅キャンプ(=テント泊)】
・寝るのはテントの中で、寝袋にくるまって
・晩ゴハンは外で星を見ながら
・朝ごはんもできれば外で
・お風呂は自宅お風呂を活用
・冷蔵庫は使ってOK


まあ、ゴハンを外で食べて、外で寝ちゃおう!という程度の"ゆるキャンプ"小さいお子さんがいる場合には外でのキャンプ気分を味わえるので丁度いいかもしれませんね。

今回は自宅でのキャンプということでそれほど準備もせず、とりあえず食料(晩ごはんと朝ごはん、そして酒)を調達して、夕方からテント設営をしてコトに臨みました。

大体準備したものは以下のとおり。自宅BBQセット+テントぐらいの内容ですかね。
最悪、買いに走る or 自宅から取り出すということができるので安心感がハンパない(笑

【自宅キャンプの準備】
・テント
・タープ
・ランタンなどの灯り
・寝袋
・バーナー、調理器具
・食料
・椅子、テーブル
・グランドシート、ゴザなど
・その他遊び道具



晩ごはん"後"です。

奥にテント、手前が食卓です。
ランタンの灯りで食べる夜ご飯もこれまた趣(おもむき)がありますねぇ。

食器をすぐに洗ってしまえるのが自宅キャンプの強み!(笑


朝ごはん"後"です。

朝ゴハンを外で食べるとそれはそれで気分が変わるというか、自宅には代わりないのですが気持ちいいですね。

さて、良いことずくめのような"自宅DEゆるキャンプ"、いくつか考えておかないといけないポイントがあると感じました。

【考えた方が良い点】
・ペグダウンが必須なテント、タープの場合は地面のある庭でしかできない
・ペグダウンの代わりに柱、柵などにロープを使えるか、事前確認
(ベランダ、屋上などでは設営できない可能性あり。2Lペットボトルやオモリなどが必要)
・庭先での焚き火など、火を使う場合は消防法に引っかかる可能性がある
(焚き火台を使えばOKなのかな?役所等等のHPで確認した方が無難ですね)
(私はめんどくさかったのでバーナーですべて調理しました)
・お隣への騒音問題もあるので、夜間騒ぐのはNG
・屋上などでキャンプをする場合は、屋上の"防水処理"を傷つけないように注意
(クッションマットを使うなど、実は一番気を使いました・・・(笑))


感想からいうと、準備する側(=お父さん)としてはすごく"楽"!!
荷物を出してきて、収納するまでの手間が非常に楽なのと、移動時間もないので非常に楽チンにキャンプ気分を味わうことができました。
とはいえ、所詮フェイクなので、気分だけなんですけど、、、

とはいえ、息子は余程気に入ったのか、「またしたい」と言い出しております
夏の暑い日に、クーラーでまったりするのもいいですが、外で寝るっていうのも悪くないかもしれませんね。

at 08:08, たけぞな, キャンプ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。