<< 高須町公園オートキャンプ場&モートピア | main | 液晶テレビの買い換え >>

よくわかんないけど頻尿改善!?

みなさん、こんにちは。
トイレは1日十数回だった、たけぞなです。

さて、今回は思いもよらず頻尿が改善したのでその話題。興味ない、見たくない人は飛ばしてください、ハイ
嬉しい

思い返せば子供のころから頻尿気味(というか過敏だった?)で、よくトイレに行く子でした。
大人になったら膀胱も大きくなって、当然改善するものとたかをくくっていたものの、大人になってからも全然改善せずに1日十数回、夜中も下手したら2回ほど起きてトイレに行っていたほどの頻尿で、会議中もトイレに行きたくて集中できないなどの症状に悩まされていました
冷や汗
かと言って頻尿って鍛えようがないというか、我慢したら膀胱炎が待っているという、我慢しないと余計に過敏になるという、ある意味受け入れていくしかないのか〜!というのが頻尿持ちの悲しい現実だったわけです。

それがここ数ヶ月、めっきり改善
トイレに行く回数は半分以下、夜中も全くトイレ行きたいと思わなくなり、40年来の悩みが一気に改善したわけです。

一体何が功を奏したのか、考えてみました。

生活スタイルの変化としては、昨年度の健康診断で尿酸値とコレステロール値に若干の注意が付いたので、以下のような取り組みを毎日していました

平日はなるべくジョギングをする
懸垂で筋トレ
コレステロール値を下げるというトマトジュースを毎日飲む
腸内環境を改善するため、ヨーグルトを毎日摂取する
腸内の乳酸菌のためにオリゴ糖を摂るようにした


ジョギングや筋トレは、以前やっていたときも頻尿の改善には結びつかなかったので、素人ながら、おそらくか、ぁ↓イな、、、と考えています
とはいえ、ジョギング、筋トレで体のむくみが取れたからか、はたまたトマトジュースの「リコピン」なんかが効いたのか、、、それともヨーグルトによる腸内環境の改善なのでしょうか。

「トマトジュース」や「ヨーグルト」と頻尿を組み合わせてインターネットで調べても、微妙なサプリメントの広告ばかりなので真偽のほどは調べようもありません。(というか、なにが正しい情報か判断できない、、、)

本来はお医者さんに聞くのがいいんでしょうね、、、。

とは言え、日々のトレーニングと毎日飽きもせずトマトジュースとヨーグルトを取り入れるだけで頻尿が改善したのであればメッケもの。
しっかり眠れるし、仕事にも集中できる。
頻尿じゃない人(要は普通の人)は、こんなにスバラシイ生活を送っていたんですね(笑

さて、そんなこんなで普段私が飲んでいるトマトジュースは、カゴメ トマトジュース食塩無添加です。



個人的には食塩で味付けされている方が好みなのですが、年も年ですし、減塩のため、食塩無添加で我慢しています、、、。
だいたい一日200ml〜300ml程度、720mlのペットボトルを3日間で飲むようにしています。
はじめはウゲェェとなっていましたが、さすがに毎日飲むと慣れてきますね。とはいえ、食塩が恋しい(笑

ヨーグルトの方は明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 低糖・低カロリー明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ112ml一日ごとに変えて、朝の通勤途中に飲んでいます。



なぜ一日ごとに変えて飲んでいるのか?
それは、1種類の乳酸菌だけでなく、いくつかの種類の乳酸菌を体内に取り入れた方が善玉菌のバリエーションが豊かになっていいのでは?と単純に考えたからです。
休みの日は、上記以外のヨーグルト(普通の食べるヨーグルト)でいろいろな種類を極力食べるように心がけています。

また、オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプも、ここ数ヶ月飲む(食べる?)ようにしたものの一つです。



乳酸菌(というか善玉菌?)を育てるには、外部から乳酸菌を取り入れる(プロバイオティクス)と、その乳酸菌を育てる栄養を摂る(プレバイオティクス)の両方をしっかり心がけないといけない!というような情報を見かけ、それをとにかく愚直に守っています。
身体には吸収されにくいけど、乳酸菌の餌になるオリゴ糖。これらを組み合わせて腸内環境を改善しようと試みているわけです。

こういった取り組みのおかげで、ここしばらく腸内の働きは絶好調です(笑

*プロバイオティクスとプレバイオティクス*(堀ノ内病院さんのページへ)
http://www.horinouchi.or.jp/situtoku/purobaio.htm
※ すごく分かりやすかったです。

とまあ、そんなこんなで、健康に気をつけるとこんなにも素晴らしい日常が待っているんだなぁと実感した今日このごろ。
多少の時間、労力とお金はかかるものの、健康には替えられないものとしてしばらく真面目に続けようと思います。


at 20:00, たけぞな, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。