<< アイロンを新調 | main | Bluetoothスピーカー最高ゥ! >>

Amazon Fire TVを買ってしまった!

みなさん、こんにちは。
Amazon大好き、たけぞなです。

さて、以前からず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと気になっていたのに手を出せなかったAmazon Fire TVをとうとう購入してしまい、今回はそのお話。

最近までは映画やアニメ、音楽なんかを試聴する際、基本的には近くのレンタルビデオ店であったりネットの定額レンタルサービスを使っていたのですが、よくよくお小遣い帳で整理してみるとこのコストが年間ソコソコいく(2万円ぐらい)冷や汗

そこで気になっていたのが最近流行りの定額試聴サービスです。特にAmazonの提供するAmazon Music、Amazonプライム・ビデオAmazon Prime(年間3,900円、2017/01/28現在)に加入するだけで使いたい放題とのこと。明らかにAmazonでモノを購入しまくる自分向けのサービスではないか・・・びっくり

そして試算、比較の結果、明らかに「こりゃぁ、Amazon Fire TVを買った上にAmazon Primeに加入した方がお釣が来るワイ!」となった次第。

早速注文じゃ!と思ったのですが、Amazon TVには簡易的なFire TV Stickと、本格的なAmazon Fire TVの二種類があるとのこと。
結局半月程悩んだ末、Amazon Fire TVの方を購入することにしました。

決め手は以下のとおり。

 ・リモコンの音声検索機能を使いたい。
 ・CPUの強く、メインメモリは多いに越したことはない。
  (動きがスムーズな方が良い)
 ・USB端子やMicroSDソケット付きなど、将来の拡張性の点で優位。
  (確実にゲームコントローラは買うだろう)


価格差は7,000円もありますが、Amazon Fire TV Stickを購入して後悔した挙句に再購入することを考えると明らかに初めからAmazon Fire TVを買っておいた方が良いという判断です。(いつも安い方を買って後悔をする僕なのです悲しい

さて、簡単なレビュー。


まずは外箱。
初めに目に入ったFinal Fantasy VIのロゴがありますけど、Amazon Primeの無料ゲームってわけでもないんですよねぇ・・・。


外箱の横部分。各種売り文句が記載されていますね。

Bluetoothに関してですが、所有のBluetoothスピーカーにも繋がりました
そのため、Amazon Fire TVでAmazon Musicに接続し、別の部屋(風呂も)で音楽を流して聞く、、、というアクロバティックな使い方も可能でした。これはかなり嬉しい。


さて、外箱の横部分の続き。
テレビに接続するHDMIケーブルと共に、高速インターネットの記載がありますね。

どの程度まで高速である必要があるのか?という点ですが、我が家のインターネット接続環境はWimax2+(ギガ放題)になります。
そこで以下の二点でAmazon Videoを試聴した結果、、、

Wimax2+での接続 ⇒ 超快適。
  ただし、速度制限後は観れたものではない。(=画像が粗い)
  土日に家族でビデオを見ると、だいたい翌月曜日には視聴制限に引っかかっていました。
  (Wimax2+は2017年2月2日から3日間で10GBに緩和されるので、もしかしたら今後は起きないカモ)
Wimaxでの接続 ⇒ 非常に快適。
  ビデオ再生開始時に数秒ほど若干のジャギー(=画像が粗い)が発生します。
  しかし、速度制限も無く、切り替えできる端末の場合は常時Wimaxでの接続が吉グッド

と、なりました。ご参考まで。


裏面。いろいろ書いてましたが特筆すべき記載はなかったのでとりあえずスキップ。


外箱から内箱を取り出した状態です。


カパッと開けて、、、(最近、こういう梱包多いですね、、、)。
すぐそこに見えているものが本体です。


本体以外に電源ケーブルと、リモコンが梱包されていました。


内容物を並べてみました。
本体の実物を見ると案外小さく、そしてずっしり重い。
また、上部はマットな仕上げになっていて高級感がありますね。


各種端子類は裏側に集中しています。
右から、USBポート、MicroSDカードスロット、LANポート、HDMIポート、電源差し込み口。


リモコンになります。
ボタンを見ると、Amazon Fire TVってGoogleのAndroidベースなのかな・・・、よく似た配置ですね。
ボタン機能はAndroidスマホと同じなのでわかりやすいです。

簡単なゲームもこのリモコンでできますが、ボタンが重く、素早い動きには対応できないかも。
ちなみにBluetooth接続なので、特にテレビに向けなくても使えるのが嬉しい。


電源です。


裏面です。
この電源ですが、案外「大きい」。正方形の上にまんべんなく大きいので他のプラグ等の邪魔になって非常に挿しにくいショック
特にテレビ周りの電源プラグをたこ足している皆さん、電源タップの追加は必須ですよ!(笑


ちなみにプラグの先は丸型です。
MicroUSB端子ではないのでスマホなどと兼用することはできません


とりあえずプラグを差し込むとこんな感じ。


ちなみに我が家のテレビにはHDMIポートが1つしかないため、HDDレコーダーとの切り替えは"手動"です(笑
中間にHDMI接続の中継アダプター(HORIC HDMI 中継アダプタ シルバー HDMIタイプAメス-HDMIタイプAメス HDMIF-HDMIF)を噛まして使っています。こちらは特に問題なく使えてますね。

さて、その後起動し、実際に試聴に至るわけですが、電源を付けた状態ですでにユーザー登録が済んでおり、パスワード入力とWifiの設定等を完了させるとすぐに利用することができました。

購入、試聴を初めてすでに2ヶ月程経過していますが、全く不便を感じず、快適に使用できています。
さっさと買っちゃえば良かったなぁというのが、正直な感想です。

このあたりの使用感は別記事で記載したいと思います





at 15:00, たけぞな, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。