<< ダイソー 洗濯ロープ | main | ソト レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート ST-3102 >>

ソト レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104

みなさん、こんにちは。
ST-310は2度目の着火からが難しいと思う、たけぞなです。

さて、以前から軽い、収納簡単といった良さからキャンプ、山飯等でヘビーユースしているソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310でありますが、1点だけ欠点をいうとすると、「着火しにくい」という点です。

特にゴトク(足)の部分が加熱された2回目の着火からはかなり気を使うというか、ゴトク(足)の部分に触れると超熱い。思わずシッコ漏らしそうになるぐらい。
その辺は以前の製品レビューでも触れさせていただいております。

【ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310】
http://takezona.jugem.jp/?eid=103

【押しにくいイメージ】


で、最近ウェブサーフィンをしていると、、、ST-310って結構オプション製品が出ているということがわかり、興味を持って調べてみるとソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104なる製品があるではないですか!

これは一気に不満を解消できるのでは!?ということで早速アマゾンで購入しました。


まずは外箱。小さいです。
しかも安い。


装着時に固定のため「ドライバー(+)」が必要ですので、その点だけご注意を。
箱に明記されています。


箱の側面です。
ST-310専用という話ですが、着火部分が同じ仕様となっているガスランタンのST-260でも使えるそうです。


裏面は装着の取り扱い説明書ですね。


逆側面。
装着したまま収納できる点は嬉しいですね。


取り出し。
簡単な部品で構成されています。


では、取り付けてみましょうか。
まずはこのレバー(ガス出力調節ツマミ)を外すそうです。


結構外し難いですけど、"片方ずつ"引っ張って外すと比較的ラクでした。


で、アシストレバーを装着


横から見た図。
てこの原理でスイッチを押すもんだから、地面が凸凹していると上手く押せない場合がありそうですね。

上部にあるネジをドライバーで閉めます
あまり締めすぎるな、とあったので軽めに。


装着後です。
うーん・・・なんかずれているような気がするんですけど、
そういう仕様なのかな・・・?(ずれて装着したわけではなく、くぼみに合わせて装着するとこうなった)


で、ガス調節ツマミを元に戻して完了。


ワオ、超押しやすい!楽しい

しかもゴトク(足)部分に触らずに前面から着火、ガス栓の調整ができるのは嬉しいですね。
これは何度も着けたり消したりするケースが多い場合は更に楽になりそうです。


ちなみに収納時(たたむ)はこのようになります。
特に邪魔になることもなく収納袋にいれることができました。

実際何度か使いましたがST-310の使い勝手が格段に向上するオプション部品だと思います。(純正品もこういう仕様になってくれればいいんですけど・・・)
ヘビーユーザの方はぜひ購入することをおすすめしたいですね。
また、新たにST-310を検討されている方も合わせて購入することをおすすめしたいです。


別件ですが、ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用アシストセット ST-3104CSというセット製品も販売されていますが、「ケースがほしい」という方はベスト・バイだと思います。

ただ、こちらのセットの「シリコンチューブ」を装着すると、風防(ソト(SOTO) レギュレーターストーブ用ウィンドスクリーン ST-3101)がセットできなくなるというデメリットもあるそうです。
私の場合はケースは不要(単純にアシストレバーだけほしい!)でしたので、単体で購入しました。

というわけで、まだ外で利用していませんが装着も簡単(ドライバー一本)、効果は絶大、且つリーズナブルということでST-310ユーザーはマスト・バイな製品ではないでしょうか。


at 15:43, たけぞな, トレッキングギア類

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。