<< キャンプ飯:鶏だし・うま塩鍋 | main | シュラフ洗濯(化繊) >>

大津駅〜音羽山〜牛尾観音〜追分

みなさん、こんにちは。
最近山歩きをしていないので、久々に息子を付きあわせて歩いてきた、たけぞなです。

当初は音羽山に登ってラーメンでも食してそのまま下山のつもりでしたが、今回は「もうちょっと歩きたい」という息子の意見を尊重して牛尾観音まで足を伸ばしました。
文句も言わずに10.7kmも歩いた息子の成長を実感してしまいました(ホロリ

[基本データ]
 積算移動距離 : 10.7km
 移動時間 : 2h47min

[GPSデータ]

より大きい地図で確認

まずは大津駅南口から大谷陸橋を目指します。


さて、今回驚いたのが東海自然歩道の音羽山と長等(逢坂山方面)の登山道が修理されていたことです。
数年前の台風で斜面が崩れていまいしばらく(もう3年程?)不通の状態が続いていましたが、とうとう大谷陸陸橋のルートが元に戻った感じでした。素晴らしい。


向かいの歩道からの写真です。
ただ、大谷陸橋から国道に降りる階段はなぜかロープが張られていました(なんでだ?)


音羽山方面からの写真。
陸橋方面に誘導するよう、木が置かれていました。

帰りは陸橋を渡って帰ろうかな〜・・・っと思っていたのですが、先に記載したように牛尾観音の方を抜けてしまい、今回は実現せず。


音羽山方面から陸橋方面の山道を撮ったところです。
以前は荒れ放題でしたが、道もしっかり整備されていましたね。

その後はヒーコラ言いながら山道を歩きました。
普段の不摂生のせいか、それとも(息子のせいにしてしまおう!)息子の歩調に合わせたせいか、頂上まで1時間半もかかってしまいました。

今日は午後から天気が崩れるということでそれ程登山客はいらっしゃらなかったですね。


頂上についたらお湯を沸かしてカップ麺なんぞススル。
最近、息子の「山に行きたい=カップ麺食いたい」のように感じる今日このごろ。
それでも一緒に歩いてくれる道の友は重要ですね。


お腹も膨れたところで息子に帰りのルートを確認すると、もう少し歩きたいとのこと。

そのまま分岐を石山寺方面に向かって下り、牛尾観音の方へ降りました。

音羽山〜牛尾観音はアップダウンは激しいですが道に迷いにくく山道も歩きやすいのでいいですね。


こちらの階段(左上方面が音羽山)から降ってきたところをパシャリ。


牛尾観音です。

お参りをして下山です。
それにしてもここに来るといつも火を焚いてらっしゃるようですけど、そういうもんなんですかねぇ・・・。
あと、山崩れがあったのか、一部の斜面が補修されていました。


「桜の馬場」という標識が。
川にかかった橋を渡ると「上醍醐」の方に抜けられる道があるみたいですね。
今度行ってみようっと。


やはり子どもは沢が好きですね。
天気が下り坂で道草を食っている暇はないというのに、、、。


牛尾観音到着後、小一時間ほど歩いて追分駅です。
四宮にいくか悩みましたが、距離的なことを考えて今回は追分駅に行きました。

この辺は国道1号線と名神高速道路が入り組んでいて市街地にも関わらずルート選択の難易度高です。
なんでこの辺って道が複雑なんだろう・・・。

さて、追分駅に着いたところでちょうど雨が降ってきました。
雨が降るまでに駅に到着できて非常にラッキーでした。
そのまま京阪電車で帰宅。

トータルで10kmちょい、歩数で2万歩ほど歩いて今日はとても良い運動になりました。
やっぱりたまにはあるかないとダメですね〜。

at 19:52, たけぞな, トレッキング

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。