<< キャンプ飯:ソーセージとスクランブルエッグ | main | キャンプ飯:鶏だし・うま塩鍋 >>

Anker iPad mini 合皮レザーケース

みなさん、こんにちは。
iPad miniは電子書籍リーダーとしては秀逸ですね、たけぞなです。

最近、iPad miniを主にkindleリーダーやPDFファイルリーダーとしてヘビーユースしている今日このごろ、先日までapple純正のスマートカバーを使っていたのですが、いかんせん長期間使っているために表面がヘニョヘニョ(と、いう表現が正しいのか、、、!?)になってしまい、カバーを新調しました。

今回も同じようにスマートカバー風のものを購入しても良かったのですが、最近はiPad miniで動画を見たり、電車の中で電子書籍を読んだり、さらにはカバンの中に無造作にポイっと入れることもあり、以下のような観点でカバーを選びました。

・ 動画を見る際に"安定して"自立できること
(スマートカバーって案外安定しないんですよねぇ・・・)
・画面カバーと裏面カバーが一体型で、本のように持てること
(電車の中で読む際の安定感を重視)
・しっかりとした造りであること
(カバンの中にツッコんだ際、カバーがグニョって曲がらないようなもの)


いろいろと比較検討したのですが、上記の条件+価格面によりAnker iPad mini Retina/iPad mini2/iPad mini3 専用 合皮レザーケース インナーケース&マルチアングルスタンド付属 オートスリープ機能付き (ブラック)を今回は購入しました。

若干安い姉妹品にAnker iPad mini Retina/iPad mini2/iPad mini3 専用 合皮レザーケース インナーケース&マルチアングルスタンド付属というのがあるのですが、こちらはオートスリープ機能が付いていないようなのでパスです。
(オートスリープ機能があった方が通勤電車から降りる際、パタンと閉じてカバンに入れることができるため)

では、レビューです。


まずは外箱から。
シンプルな箱ですが、安っぽくも無くいいですね。
すぐに捨てるものなので過剰包装で無いほうが個人的に嬉しいです。


裏面です。


いろいろ書かれてますが、あまり大したことは書いてなかったです。
(会社紹介的な、、、)


箱から出すと、内箱の中に本体(ケース)が入ってます。


内容物は本体と取説、、、というか簡単な注意書など。

外側のカバーですが、若干安っぽさはあるものの合皮とは言えしっとりとしていて手に馴染む感じです。
通勤途中にこちらを持って長時間移動しても汗ばんでベッタリ、、、ということはありません
非常にグッドです。

ただ、強い圧力に弱いらしく、ギューっと何かを押し付けると凹んでしまいます。
軽く凹んだだけであれば元に戻る(平たくなる)んですが、非常に強い圧力を長時間加え続けた場合は元に戻らず傷のようになってしまいます。その点は無造作にカバンに入れる際、若干気を使った方が良いですね。(だからといって、中のiPad miniが傷つくわけでもなく、製品としては全く問題ないです)


本体のケースを開くとこんな感じ。


iPad miniの画面に直接触れる部分にはランダムな溝がついてます。
表面は若干ホワっと・・・シットリとした感じです。


本体をはめ込む部分はハード系のカバーがくっついている感じです。


本体の裏側です。
カメラ穴が開いてます。2つ穴が開いてます。
iPad mini初代は左側の穴なんですが、次の代のiPadって真ん中にカメラが付いているのかしら・・・?


さて、愛機からスマートカバー等を外していざ、取り付けです。


普通にカポッとはめるだけでした。特に苦労もなく。


iPad miniをはめ込むカバーは結構ピッタリとして特に隙間等はありませんでした。
iPad mini 初代は明確に対応していると記載されてませんでしたが、特にハマらない、ブカブカということもなくしっかりと装着できましたよ。


裏面です。iPad mini初代からするとやっぱり謎の真ん中の穴。


急な角度で立ててみました。


続いて若干緩い角度です。


最後に普通ぐらい、、、と、スマートカバーと違い、好きな角度で画面を立てることができるのは嬉しいですね。

実際、出張先のホテルの机に立てて利用してみましたが、後の明かりが写り込まない角度や画面が見やすい角度に自由に調節出来る点はかなり良かったと感じています。

先ほど溝が内側に掘られていると記載しましたが、ハードカバー側にボコボコの突起が存在しており、それが上手く溝に引っかかっていろいろな角度に調整できるようにしているようです。


続いて片手でつかむ感じで持ってみた状態です。
上蓋をグルっと背面に回します。

普段は開いた本を持つように、カバーを開いた状態で手のひらに乗せているため、このような持ち方は稀です。
手のひらにスポッとはまるように持てるのは、この手の手帳タイプのカバーに限りますね


カバー下部の写真です。
Lightningケーブルのコネクタ、およびスピーカー部分はガパッと開いています。


続いて上部。
こちらもイヤホンジャック、マイク、電源ボタンにかけてガパッと開いていますね。


最後に側面(音量調節ボタン側)です。切り替えスイッチと音量調節ボタン部分のみ開いています。
特に押しにくいということは無く、問題なく使えてます。

さて、今回スマートカバーからの買い替えということで、その比較となりますが、良かった点として、
 ・外側カバーが合皮で手に馴染む
 ・様々な角度でiPad miniを立てることができる
 ・価格がかなり安い上に、画面側、本体裏側の両面を保護できる

が挙げられます。

残念だった点は、、、特にありませんね(笑
もし壊れるようなことがあれば、また同じものを買いたいと思います。
あまり色とかにこだわらない人にはオススメかも。

at 08:40, たけぞな, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。