<< ジェントス エクスプローラー LEDランタン SOL-144S その2 | main | キャプテンスタッグ 大型収納トートバッグL >>

ドアジム DOOR GYM 1型

みなさん、こんにちは。
最近どこに向かっているのか、方向性を見失い気味のたけぞなです。

さて、今回は自宅で使え、ドアに設置するだけという鉄棒を購入しましたのでその紹介。

そもそも、なぜ鉄棒などというよくわからないものを購入したのかという経緯から。

それは、先日息子と公園にいった際にまったく雲梯(うんてい)が出来なかったからです!
ぶら下がってみたものの、体の重さ、筋力の無さからただぶら下がることしかできない父親。あまりにも不甲斐ない、あまりにも情けない、そしてあまりにも身体が重すぎる、、、そんなこんなで、日々のトレーニングに鉄棒を組み込みたい!と、購入に至ったわけです。

鉄棒というとそれなりの機器の大きさ(安全を考えるとこちらの方がいいと思います)、床面積を確保する必要があり、なかなか手がでない。てか置く場所がない。

アマゾンで"鉄棒"と検索すると出るわ出るわ。
そんな中で最も"お手軽"かつ"安価な"ドアジム DOOR GYM 1型という製品を購入しました。

それでは気になる製品レビュー、行ってみましょうか!


アマゾンからは長細い感じの段ボール箱で到着しました。
製品の箱自体は最も短くなっている状態(およそ65cm程度)です。思ったよりずっしりとしていて、重量感があります。


箱側面にはいくつかの使い方解説がありました。

.▲奪僉璽椒妊ストレッチ
いわゆるぶら下がり健康器的な?
ぶら下がってのび〜るという説明ですね。


▲好團鵐◆璽船好肇譽奪
Spinal archの間違いじゃねえかと思うんですが、よくわからん使い方です。
太ももの裏側を伸ばすのかなぁ。

ヒップ&ニーストレッチ
ぶら下がって足を引き上げる動作みたいです。
これやってみましたが、確かにお尻と膝周りにいいかも。あと、グッと足を前方に上げることで、かなり腹筋を使う運動もできそう。


ぅ侫襯椒妊ストレッチ
,伐燭違うんだろうか。

ゥ轡奪肇▲奪廛椒妊ストレッチ
いわゆる腹筋の際に足を固定できまっせ的な使い方ですね。あえてこれする人いるのかなぁ。


その他の説明。
ここではドア幅は62cm〜100cm対応ということだけ確認できればいいのではないでしょうか。
基本的にドア幅が伸ばしの限界のため、ナローチンニング(肩幅程度の懸垂)が中心になるかと思います。


続いて組立方ステップ1:
ラバーリミッターというものをネジで固定せよ、とのことです。
ここに来て初めて「え、ドアフレームに穴開けるの!?」と、お手軽さ半減。いや、ほぼゼロの気分になってしまいました。


組立方ステップ2:
最後は突っ張り棒の要領で時計回しに棒を回すとあります。


最後は注意書きです。
ドア幅は62cmから100cmに対応。加重は最大100kgの体重までとのこと。また、使用前にチェックは怠るなとあります。


さて、箱から出してみました。説明は箱に書いてあるため、本体と例のラバーリミッター、ネジが同梱されています。


これ、ラバーリミッターとネジです。つけなきゃいけないのかなぁ。なんせ、ドアにねじ穴開けるとかあまりよろしくないっつうか結構困る。
そして何より、これを読んでいる方達は「ラバーリミッターなしで出来ねぇのかよ!やっちまえよ!たけぞな!」と思っていることでしょう。

では、いきましょう、ラバーリミッターなしで!


先ほどの組立方の要領でドアフレームに固定しました、「ラバーリミッターなし」で
一回目はドアフレームの幅まで本体をのばす必要があるので少し時間がかかります。二回目以降は延ばしてあるので設置は数秒です。


ょっしゃ!ドアフレームに対して平行に、しっかり固定することができました。
軽く引いてみてもびくともしない。

こ、、、これならいけそうだ。


かなり突っ張っいるので、両端のゴム素材がグニョッてなってます。こういう部品って案外すぐ痛みそうですよね、、、。


では、満を持して、、、全力でぶら下がります。

ドキドキ、、、おりゃ!と、かけ声を出して(落ちても大丈夫な姿勢で)ぶら下がってみました。

びろ〜ん、、、30秒ほどぶら下がりましたがまったく問題ない。
ちなみに僕の体重は65kg弱。ラバーリミッター無しでも使えそうです。

続いて懸垂数回を2セット。腕がへろへろになりましたが、鉄棒の方の固定状態は全く問題なし。すばらしい。

その後、毎日の用に外しては着けてを繰り返し使用しましたが途中で外れるということはありませんでした。(ただし、事前のチェックは怠らず


棒の両側のラバー素材はこんな感じ。
真ん中のチョボがラバーリミッターにはまるんですね。


この両側のラバー素材、案外すぐポロッと外れるので無くさないように注意しないと(笑


あと、少し注意したいのがドアフレーム側
かなり加圧するため、ゴムの跡がくっきり付いています
また、鉄製のドアを使っているためか、ペンキがゴム側に着いてしまい剥がれてしまいました。ショック、、、。
とりあえず必ず同じ場所に取り付けて、被害が広がらないようにしないと。それとも何か咬ませた方がいいのかなぁ、、、。


最後に両側のラバー素材の大きさ。
ジャスト直径5cmです。
なので、安定感を確保するためには設置場所のフレーム幅は5cm以上あった方がいいですね。

とまあ、そんなこんなで、自宅に懸垂ができる環境を作りたくて一風変わった製品を購入したわけですが、購入後、懸垂を日々のトレーニングに組み込むことができたのはかなりうれしい。しかも設置が苦にならないので嫌々度も低い。これはかなりトレーニングが捗りそうです。

よーし!これで頑張ってかっこいい肉体を手に入れるぞー!


at 08:36, たけぞな, ジョギングアイテム

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。