<< 初キャンプ | main | キャプテンスタッグ リベロツーリングテント >>

ポンポン山

今日は会社の同僚を伴ってポンポン山に登りました。

ポンポン山は、いろいろなガイドブックに記載のとおり初心者向けの山で、多少勾配のキツイゾーンはあるものの、ほとんどが歩きやすい山道または舗装道路でしたので、軽い山歩きにはモッテコイですね。

また、頂上では飛び上がると「ポンポン」と鳴るゾーンがあり(鳴らないゾーンもあります。山の地質の問題?)、それがポンポン山の由来とか。これは知らない人は知らないまま終わっちゃう感じですね。面白い経験でした。

行程:JR高槻駅〜(市営バスにて)神峰山口バス停〜神峰寺〜本山寺〜ポンポン山〜杉谷〜善峯寺(よしみね寺)〜(タクシーにて)JR向日町駅
距離:11.0km
時間:4h 04min(停止時間1h)




より大きい地図で閲覧する
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=ztfOS7fpV6Yk.k6DtfNBzXzzc


神峰寺の参道途中の鳥居です。彼岸に登山をしてしまったので、駐車場に行くクルマがバンバン通りました。もしかしたら紅葉の時期もクルマが多いかもです。少しうっとおしい感じです。


神峰寺の山門です。こちらの右側に伸びる川沿いを進むと、本山寺、およびポンポン山のルートです。意外と規模の大きいお寺らしく、参拝客がひっきりなしでした。

ポンポン山のコースは11kmと少々長いですが、道自体は岩場も少なく、歩きやすい山でした。
ポンポン山山頂までの半分程、本山寺山門まではコンクリ/アスファルト/砂利の道が整備されていて、少し山登り、という感じではなかったですね。ただし、勾配はかなりキッツいです。
本山寺以降は完全に山道になります。こちらも勾配はなかなか。ポンポン山山頂に近づくに連れ、勾配は緩やかになりました。


本山寺山門のところで、ポンポン山、本山寺の分岐があります。こちら、本山寺のルートを取ってもポンポン山に抜けられるようです。私達はとりあえず標識に従っておくか、ということで山道を進みました。
時間が許せば、本山寺の境内を通って行くのもいいですね。


ポンポン山山頂はソコソコ広い見晴台のようになっており、遠くは奈良県の生駒山、滋賀県の音羽山なども臨むことができるようです。当日は雲が多くてそれほど遠くまでは見えませんでした。残念。


ポンポン山山頂から杉谷の分岐まではおよそ2.0km、その後善峯寺までは1.7km程度ということでした。杉谷までの行程では、横を清流が流れており、吹き上がってくる風が非常に冷たくて気持ちよかったです。

一点注意事項。善峯寺バス停について、阪急バスが一時間に一本なので注意が必要です。我々はちょうど前のバスが行ったところだったのでタクシーを呼び出してJR向日町へ向かいました。料金は2000円弱、所要時間は15分程度でした。

at 17:23, たけぞな, トレッキング

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://mount.ioan.biz/trackback/22