calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

Velbon 一脚 レバー式 EXUP-53 5段 小型 自由雲台 アルミ製

0
    カメラもしっかり勉強しなきゃなぁ、たけぞなです。

    幼稚園では「生活発表会」の季節ですね。
    子供の晴れ舞台とあれば、やはりここは写真、ビデオで撮影したいところ。

    でも、この幼稚園の発表会系というのは、暗い体育館やリトミック室等で行われるため、撮影が難しい。

    折角綺麗に撮影したいのに、よくあるパターンが以下のようなもの。
     1.光量が足りず、カメラで撮影した結果がブレる
     2.ビデオ撮影で長時間ビデオカメラを持っていると疲れてしまう
     3.ちなみに、体育館やリトミック室は三脚禁止!(というパターンが多いようです)

    そこでいろいろ考えた結果、Velbon 一脚 レバー式 EXUP-53 5段 小型 自由雲台 アルミ製 371744を購入することにしました。

    同等の製品として、SLIK 一脚 モノポッド350 EXもあります。

    これらの製品は、自由雲台が付いていて、カメラの角度などを自由に変えることができます。他の製品の多くは、支柱対して固定されるため、撮影の自由度が低いように感じます。

    両方を比較すると、重さ、収納時の長さ、展開時の長さ等はほぼ同等で、ほとんど差異はありません。
    (どちらも良いように感じ、実物を触りつつ結局30分、売り場で悩んでしまいました)

    結局、Velbon 一脚 レバー式 EXUP-53 5段 小型 自由雲台 アルミ製 371744を購入した決めてですが、以下の点で優位かなぁと感じたからです。
     1.Velbon製はSILK製に比べて、支柱が太いので安定感がある(ように感じる)
     2.調節つまみが4つ付いており、より細かい調節ができる(ように感じる)

    まあ、個人的な感想レベルです。
    実は、裏を返すとSILKの方が
     1.支柱が細い分、収納、持ち運びに優位性がある
     2.つまみが少ない分、素早く展開できる
    という意味でもあります。
    好みで決めればいいと思いますよ(笑


    もっとも短くすると、43cm程度です。
    持ち手にはスポンジ、ストラップもありますね。


    自由雲台部分です。
    横のつまみを半回転すると、雲台下のボール部分が自由に動きます。
    これを回すと、カメラを固定できますね。


    雲台の下からの写真です。
    この雲台、つまみを解除すると非常に自由に動きます。
    カメラの固定もすぐ出来ます。


    雲台部分はコルクになっていて、カメラを傷つけませんね。


    太い分、がっちり持てます。


    ツマミは4つ。
    イスに座って膝に立てて使う場合、ほとんど伸ばす必要はないですけど・・・。

    ツマミは比較的硬いです。


    最大まで伸ばしたところ。
    最大延長は150cm
    私の身長が165cmですから、少し屈めば立位でも便利そうですね。
    軽いので、今度から旅行に持って行こう〜っと。



    JUGEMテーマ:カメラ


    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック