calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

アウトドアならamazonで

来訪者カウンタ


since 2014.2.23

広告

アブホイール

0

    みなさん、こんにちは。

    40歳を越えると急激に代謝が落ちたと感じる、たけぞなです。


    さて、夏も近づいてきて、薄着をする機会が増えてきました。

    毎年のことでアレなんですが、やはり男たるもの「ムキッ」とした維持したいところ。


    私も以前から筋トレを続けており、それなりに締まった体になってきたのですが、器具を使わない筋トレにそろそろ限界を感じてきました。


    限界を感じたポイントとして、

     1.器具を使わない分、負荷が小さく回数をこなす必要がある(=時間がかかる)

     2.自分の思った部位にうまく負荷がかからず、部分的にブヨっとしたまま


    この「部分的にブヨっと」というところがミソで、私の場合は「脇腹」のところがどうやっても筋肉が付いてきません。おそらく「筋トレそのもののやり方が悪い」のか、「回数・負荷が足りない」のだと思うのですが、非常に悩ましいところです。


    そんな無器具による「筋トレ」の限界を感じていたある日、いつも通っている美容室の店長さんから「たけぞなさん、腹筋ローラーがマジヤバイっすよ、一ヶ月でバッキバキっすよ」と耳打ちされ、その日のうちに「もうこれは買うしか!」モードになってしまいました。


    で、帰宅してamazonで調べてみると値段もピンキリ、しかし機能はどれも似たようなものっぽいので一番安いものを購入しました。


    購入したのは「Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き (ブラック)」です。


    では、簡単なレビュー。


    外箱です。

    膝をついてトレーニングをするので、「マット付き」という点に惹かれました


    ウラ面のスペック関係。

    要は直径15cmのホイールと棒です。


    続いて内容物。

    ホイール2つと、軸、それからウレタンマットですね。


    ホイールはプラスチック製で若干不安が残る感じなのですが、軸の方はステンレス製の超頑丈なものでした。

    そりゃトレーニング中に折れたら顔面強打ですもんね、、、。安心しました。


    で、組み立ては簡単。ホイールに軸を刺して、持ち手の部分を差しこめば完成。


    持ち手はスポンジっぽい感じで持ち易いです。


    ホイールは2つになっていて、体重をかけても非常に安定しています。


    で、具体的に使った感想ですが、まずは使い方がわからないです。

    簡単なインストラクションシートは添付されていたのですが、文章ではやはり、、、わからない。


    そのため、すぐにyoutubeでトレーニング動画を検索して、具体的な使い方について勉強しました。

    「なるほど、そういう風に使うのか、、、ふむふむ。」という感じで勉強したあと、さっそく1ヶ月ほど、ただひたすら毎日のようにトレーニングをしてみました。


    そしてみなさんが気になる結果ですが、

    1.腕がメチャ太くなった!

    ⇒腕で上半身を支えるので非常にトレーニング効果が高いと感じました。下手に懸垂や腕立てするよりも効果的に腕、肩、胸の一連の筋肉を鍛えることができるように感じます。


    2.胸板が厚く厚くなった!

    ⇒いままで腕立て伏せでは鍛えるのが難しかった胸の筋肉が厚くなったように感じます。胸の筋肉が厚くなったので立った時のスタイルスラっと、そして肩がしっかり安定しているので見栄えも良くなったように思います。


    3.腹筋も満遍なく鍛えられるようになった!

    ⇒ヒーヒー言いながら腹筋をしていたあの頃が馬鹿らしくなるぐらい、腹回りの筋肉を鍛えることができるようになった気がします。腹筋の前だけでなく、腹の周囲の筋肉を満遍なく鍛えられるイメージです。当然腹回りもすっきり、ズボンもワンサイズ下げることができました(ウエスト:82cm->79cm)


    とまあ、安いわりに最高のパフォーマンスを見せてくれたこのアブローラーという機器、これから夏シーズンに向けて、老若男女、みなさんに勧めたいアイテムです。


    だがしかし!


    一点だけ注意点。

    アブローラーで伸び上がった瞬間、非常に腰に負荷がかかるので腰痛持ちの方はやらない方が良いと感じました。私自身も数日連続でやっていたら腰に違和感を感じ、そういう場合はすぐに利用をやめてしばらく筋肉を休ませて続けています。

    そういう、自分の身体としっかり相談しながらトレーニングできる方には良いアイテムだと思います。



    キャプテンスタッグ レジャーシート

    0
      みなさん、こんにちは。
      銀マットはツルツル滑って寝にくいと思う、たけぞなです。

      さて、2018年もキャンプのハイシーズンに突入して、僕もなんとか四月から月1回キャンプぐらいのペースが守れそうな勢いです(←別に深い意味はないですが)。

      で、ここ数年、キャンプの夜の就寝時にずっと感じていた銀マットがツルツル滑ってしまう寝にくさ、、、。
      今年はこれを解消したろう!と思い立ち、テントの床面用のシートを購入しました。

      もともとテントの床には銀マットを敷く派で、これまでも、『まあそんなに冷たくないしええやろう』程度の気持ちで過ごして来ました。

      しかし、あの銀マットの上って、ツルツル滑るもんだから寝袋を敷いて寝るとなんだか違和感があるんですよね、、、。身体が固定されないというか、なんというか。

      そもそものマット自体をラバー(ウレタン)素材にしたろうかとも考えたのですが、たぶんラバー(ウレタン)素材だと固定されて逆に寝にくいような想像が頭をよぎり、その中間ぐらいの製品は無いもんかと探していました。

      そこで目に付いたのがキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーシート【防寒/ 170×170cm/厚手】 アクリル起毛 グリーンUB-3003です。

      裏面がゴム素材なので、銀マットとの摩擦力は十分に得られそうです。
      また、表面は起毛素材なので緩やかな摩擦力とクッション、そして暖かさが得られると考えました。

      大きさは170cm×170cmで、200cm×200cmのテントの床に敷いても少し荷物スペースが空く程度となってちょうどいい感じです。(200cm×200cmの製品もありますが、amazonだとなぜか2倍ぐらい高い)

      実際に使った感じは写真のとおり、ちょうど良かったです。


      表面は暑すぎず、寒すぎず、座っていて(寝転んでいて?)も違和感なくゴロゴロできる居心地で、柔らかい布の上に座ってる感じですね。

      実際にゴロゴロし始めると外に出るのが嫌になるぐらい、気持ちいい。さらには思わず昼寝をしちゃうぐらい、気持ちいいです。シート自体にも若干のクッション性があり、銀マットと相まって地面の凸凹を感じさせません。昼寝程度であれば寝袋を敷く必要もないですね。

      続いて、裏面はこんな感じです。


      裏面は若干しっとりとしていて、完全防水
      摩擦力もあって一度敷いてしまえばずれることもありませんでした。


      さて、肝心の寝袋での夜の寝心地ですが、、、思った通り最高でした。

      ツルツル感が完全になくなったので寝る体勢も取りやすく、かと言って固定されない。明らかに現時点での今年のベストバイ製品だと思います。

      この製品自体はテント用のマットというわけではなくレジャーシートの扱いなので、運動場など下が凸凹した地面で使うのが一番効果を発揮しそうですね、、、。
      しかも、コンパクトに畳んだあとに取手が付いていて持ち運びしやすいのも良いです。

      もう一段階小さいタイプも売っているので、そちらを運動会など、息子の学校イベント用に購入しようと思いました。

      テントの中をもう少し快適にしたいなぁとお考えの方には、値段も安いので良い製品だと思いました。


      Bluetooth無線オーディオレシーバー

      0
        みなさん、こんにちは。
        古い機器は無線化して再利用、たけぞなです。

        さて、最近は音楽を聞くのもオンラインやデジタルミュージックプレーヤーなど、従来の"音楽再生機器ではない"ものを通して再生することが多くなってきました

        とはいえ、オーディオ機器というのは結構高額なものが多く、従来の機器が使えなくなってしまうというのはとても切ない

        実は先日、友人からSONY TA-F222ESJというオーディオアンプを譲ってもらい、最近はそれを通して音楽を聞いています。
        当時は結構良い製品だったそうで、実際に再生してみるとこれまで別の格安アンプ内蔵CDプレーヤーで聞いていた音楽にも厚みが出て、随分と音楽鑑賞環境が充実してきました。やっぱり高級(中級?)オーディオアンプというものは良いですね。

        そこで今回の話に繋がるわけですが、近頃は音楽を聞くにしてもamazon musicやradikoやiPad、androidスマホに保存した音楽が中心の生活をしているので、多数の機器を配線を変更せずにうまく聞けないかな〜と感じていました。
        当然ですが古いオーディオアンプの場合、最近のトレンドのようなUSBやWifi無線、Bluetoothのような入力手段を使えるわけでもなく、オーディオジャックで有線接続するしかない。

        で、目をつけたのがBluetoothレシーバーを経由した接続です。

        オーディオ機器側にBluetoothレシーバーを設置し、そこに各種オーディオプレーヤーから音楽を流す。至極簡単ですが、果たしてそのような製品が存在するのか・・・!?
        しかし、似たようなニーズはやはりあるようで、amazonで検索するといろいろと出てきます。

        今回は日本メーカーという安心感を優先してエレコム Bluetooth ブルートゥース オーディオレシーバー 音楽 動画対応 ステレオミニ接続 NFC iPhone android対応 AAC対応 1年間保証 LBT-AVWAR500という製品を購入しました。

        さっそく簡単にですが、レビューです。


        まずは外箱。
        「スマホの」と記載されていますが、タブレットなどBluetoothで音楽を飛ばせる機器であればなんでも接続はできるようです。(Bluetoothのバージョンと転送方式に対応している必要はありますが、、、)


        外箱裏面です。
        接続のイメージやら、内容物やらが記載されています。


        で、内容物です。
        電源は、USBケーブル(MicroUSB端子)経由で給電されます。
        USBケーブル、ACアダプタも付属しています。

        また、こちらの機器とオーディオ機器と接続するケーブルも2種類の方法(赤と白のRCAケーブル、オーディオジャック)で接続できるように同梱されており、こちらを購入したら追加購入無しで接続できるのは嬉しいですね。


        さて、各種仕様編。
        気にしておきたいのは、オーディオプレーヤー側の「Buletoothのバージョン」、「対応プロファイル」ですかね。
        iPad mini(初代)、Zenfone5(andoroid端末)、iPhone6、iPod touch(第四世代)で接続を試み、いまのところ接続できなかった機器はありません。相当古いiPod touch(第四世代)でも接続できていますので、余程のことがない限り接続できねぇということはないような気がしています


        さて、箱から内容物を出したところです。


        本体のウラ面です。AUDIO OUTにオーディオジャックを接続してオーディオ機器と接続します。MicroUSB端子は給電用ですね。
        特にボタン等もなく、電源を入れればBluetooth接続モードとなってLEDが点滅し、接続すればLEDが点灯しました。

        ペアリングは常に先勝ちなので、機器を切り替えたい場合は
         ・現在ペアリングしている機器との接続を解除(Bluetooth機能をオフ)
         ・LBT-AVWAR500のLEDが点滅したら接続したい機器のBluetoothをオン
        という流れで切り替えができました。


        機器自体は非常に小さく、場所は取りません。
        とりあえずオーディオアンプの上に乗っけておきました。
        前面で光っているのが状態を示すLEDです。


        RCA接続したイメージです。普通にケーブルで接続するだけなのでものの数秒で設置が完了しました。


        で、実際に音楽を聞いてみてどうだ?という音質面の話ですが、(あまり耳が良いわけでもなく、それほどオーディオの音質に鬼こだわっているわけでもないので)普通にオーディオ機器と有線接続した場合と同等程度の音質で聞けているように感じます。違和感、差異を感じることはありませんでした。

        それよりも手元で音楽やラジオ番組を切り替えることができる、スマホ用ゲームの音楽を大音量で聞けるといった良さの点の方が強調されており、既に手放せない製品になりつつあります。

        難点を挙げるとすれば、LBT-AVWAR500の出力はLINE OUTではなくPHONE OUTなのでオーディオプレーヤー側の出力を大きくするか、オーディオアンプ側の出力を大きくしないと再生音楽の音量が小さいことでしょうか。

        私の場合はオーディオプレーヤー側の音量を大きくしているので、下げ忘れた際にイヤホンで聞いた時に爆音になってしまい、耳がヒリヒリしました。まあ、その辺は不注意の話なのでしょうが・・・。

        とまあ、最近のオーディオプレーヤーも使いたい、古いオーディオ機器も使いたい、という方にはうってつけの製品だと思います。光ケーブル等の接続が不要であれば3,000円弱で、光ケーブル接続機能を付けても4,000円弱で購入できる点は非常に嬉しいですね。手軽にオーディオ環境をバージョンアップできてしまいます。

        同様の悩みをお持ちの方にはオススメの一品ですね。


        | 1/121PAGES | >>